オンドゥーラス好きが展開する気ままな話題


by HONDURAS1

<   2004年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

私にとってのディック・フランシス最新作「出走」がパトリシア・コーンウェルの「警告」とともに昨日配達されてきた。「警告」もそうだが「出走」も私にとってはうかつだが、読みのがしたというより、買いのがしてしまったモノである。それぞれシリーズもので、前者は37作目、後者は10作目に当たる。よってシリーズとしては最新作ではないが、私にとっての最新作ということになる。a0027592_8455278.jpg
私自身の怠慢以上に、取引していた書店のそれに原因の大半があるように思う。というのも、地元の所謂町の中小書店の経営不振が言われて久しく、我が地元の30年来懇意の小さな書店もその例外ではなく、とうとうこの2004年3月閉店してしまった。10年ほど前創業者と思われる主人を亡くしてから、息子さんが勤めていた会社を退職して未亡人の奥さんとともに細々と経営を続けていた。ここ数年は生き残り策であろう有る宗教団体関係の書籍が書棚を占める率が多くなるとともに、一般書の書籍がだんだん寂しくなり、来訪する客もまばらになると同時に経営意欲も尻すぼみになって行くのが感じられました。そういう環境の中で、私が必ず新刊が出たらオネガイします。と言い続けてきた幾人かの作家(ディック・フランシス、パトリシア・コーンウェル、トム・クランシー、クライブ・カッスラー、ローレンス・ブロック、宮城谷昌光、塩野七生、児島襄等)の本の配達もしばしば途切れるようになってきました。私が記述の二書を買い逃し読み逃したのにも、そういう背景が有り改めてアマゾンコムで買い求めた次第。古の読書人の環境は日々悪化、漫然と本の匂いに寄せられて書店歩きに日がな一日を費やす旧来型読書人の楽しみ、もうそんな良い時代は望むべきでないのかもしれない。
[PR]
by HONDURAS1 | 2004-12-30 08:12 | 読書

未曾有の大災害

済みませんm(_ _)mまだ書いていません。
続きはこれから・・・・書きます。
でも、書き込みは出来ます。ご意見一杯下さい。

かおる君さんから書き込みがありました。(記事746番)

タイトル:未曾有の大災害
コメント:今回のスマトラ沖地震はここ数世紀で最大規模の被害となりそうです。改めて大自然の驚異に覚醒された思いです。
被害に遭われた人々や関係者には本当にお気の毒で慰めの言葉もありません。

今回だけではありませんが、私がいつも気になるのは、日本のメディアの報道や政府の態度、も含めた我々日本社会全体の対応です。
いつも海外で何か災害が起こると、邦人の安否安否といって、大混乱していて人も資材も絶対的欠乏の中で必死に救済活動をしている現場の人々の手を止めさせて、日本人の事情の質問責めで足を引っ張る。といった姿勢です。そのために本当に救済に必要な資源や人の効果的投入を妨げているのではないかと危惧します!?

もちろん被害に遭われた邦人の方々や、関係者の心労心痛を思えば可能な限り肉親の情報を知りたいのは当然です。ただ肉親の安否確認等に日本人が大挙して出かけ、ただでさえ足りない被災地の宿泊施設や、医療施設等を結果的に占拠してしまい、もっと緊急もっと悲惨な人々の救済が後回しになってしまわないかと心配します。

今回のように10万人規模とも言われる人命の喪失、10数カ国をも巻き込んだ大災害に置いては、自らの(我々日本の関係する)被害にばかり焦点を合わせるのではなく、もっとグローバルな視点での真の救済をもっとみんなが考えるべきだと思います。

日本を含めた先進国のように、金も情報も持っていてそれなりの対応をとれる国の人々だけでなく、金も情報持ち得ない僻地で、悲惨の程度を訴える術(すべ)を持たないもない人々にこそ本当に救済が必要だと思います。そのために国際社会や人々は知恵を出すべきだと思います。

今こそ、身内主義(日本人の無事だけ、我がチャイルドの無事だけを祈る)を捨て、困っている人には分け隔て無く救済の手を差し向ける手段を構築すべきです。そのためにすべきこと、軽々にしてはいけないことを真剣に考えて、今回の未曾有の大災害を奇禍として21世紀型の地球村を目指すべきです。

そのためには地震国日本の経験を生かして、インド洋関係諸国の津波警報システムを構築する為のネットワークの立ち上げなども一例かと思います。

その前に、ブッシュとビンラディン、おまえら一時休戦して、被災者の救済に当たれ!それこそがアメリカン民主主義とイスラムの大儀にも叶うのではないのか。このBBSアル・ジャジーラに流れるかな!?

ちょっとこの場にふさわしくない重いテーマなどを論じてしまいました。不愉快な方はご勘弁下さい。<(_ _)>この続き、もっと掘り下げたい方は以下のブログで徹底的にやりましょう。
http://honduras1.exblog.jp/
  一言:これだからかおる君は嫌われる(^^;)
 URL:http://www2.ttcn.ne.jp/~Hondkai/
MAIL:hondtakagi@mx1.ttcn.ne.jp
12月29日 水曜 16時59分28秒

------------------------ Yahoo! Groups Sponsor ---------------------~-->
[PR]
by HONDURAS1 | 2004-12-29 17:13
こちらは期待を裏切らない、塩野七生氏の奇しくも同じ、ローマ人の物語の13作目。
ローマは一日にして成らず。ローマ帝国の崩壊も一日にして成らず。
軍人皇帝ディオクレティアヌスは四頭統治政治を敷き、ローマ帝国の再生を図る。
一時それは成功し、蛮族の進入を20年阻止することができた。それもつかの間、ディオクレティアヌスの引退後、唯一の権力を求めてローマ人同士が戦い国力を疲弊させる。その混乱は、大帝コンスタチヌスの登場で収拾。ローマはキリスト教の容認、新首都コンスタンチノプスの建設と、急速に暗黒の中世への歩を進めるとともに、ローマ人とローマらしさを喪ってゆく。
塩野七生板ローマ帝国衰亡史は佳境をむかえ、いよいよギボンを超えるか!?若干、司馬遼太郎に似て背景説明とその重複が多いのが気になる。ま、そのやや過剰で繰り返しの多い背景説明が好きなのだが。
a0027592_13411789.jpg

このペースで行けば、次回14回はいよいよあの皇帝ユリアヌスの登場。ローマ帝国最後の光芒としてペルシャに遠征の途次ユーフラテス河の河岸に倒れる。押し寄せるキリスト教と暗黒の中世への時代の歩に最後の抵抗を試みた若き皇帝は、全ローマ史を通じて私のもっとも好きなキャラクターである。果たして、塩野七生「ローマ人の物語」は、辻邦生の「背教者ユリアヌス」を超えるか!?
今から楽しみである。
[PR]
by HONDURAS1 | 2004-12-28 13:41 | 読書
パトリシア・コーンウェルの検死官シリーズ13作目、「痕跡」を読み終えたが、どうも作品としての破綻が目立ち、彼女の作家としての筆力の限界をさらけ出したように思う。
その1,
後任の検屍局長ジョエル・マーカスとの確執とその結果が中途半端。この作品の最大のテーマとも思えるのだが、出だしから中盤に掛けてスカーペッタとの相違や対立点が際だっていき、最終的ににドンなふうに決着するのだろうと、読者の興味を引っ張って置きながら、何の解決も見ないまま終わってしまう。というより、構想の欠落とイマジネーションの貧困により投げ出してしまった感じ。読者としては裏切られた感じ。
その2,
1、に関連して検屍副局長のジャック・フィールディングの存在もきわめて曖昧。局長マーカスの存在の意義を説き明かす、もっとも重要な役割のはずなのに、ただ訳のわからない皮膚病を患っていた以外何の役にも立っていない。スカーペッタとの晩飯をキャンセルしたのはどういうことなのか、その説明もない。
その3,
マリーノと変態女スザンナ・ポールソンとの絡みは何なのか?今回ことさらにマリーノのふしだらぶりを取り上げているが、その辺は先刻承知(或いはそのくらいのことも有りと想像している)の上で読んでいる読者に、ことさら赤裸々に描写することに意味があるのか?
マリーノのペニスをスカーペッタが開帳するに至っては、パトリシア・コーンウェルの見識を疑う。
その4,
トラクターの運転手とその死はどうなったんだろう。犯人のエドガー・アラン・ポーグに迫るためのお膳立てだとしたら意味を為してない。
ギリー・ポールソンという14才の少女の死と、ルーシーの助手のヘンリ・ウォルデンの災厄とを結びつけることで、如何なる物語上の膨らみと展開があるのだろう。どう考えても付け足し以上のモノではない。
その5,
FBIウンヌンも然り。文字通り登場させただけで、後一ひねりも二ひねりも加えなければ、地元リッチモンド警察やスカーペッタとマリーノコンビとの三者三様の息詰まるサスペンスなど望むべくもない。最後はベントンとの愛を確かめることで読者にお詫びをしているのだろうか?

総論として、登場人物や組織がなぜ登場するのか、その蓋然性を問い直すべきである。すべてがバラバラに出てきて何の意味も持たず終わる。登場させただけで相互の意味のある結びつきもなく、漫然と紙数を埋めるべくエピソード重ねただけの、完全な失敗作である。

今回はことさらにモルグの殺伐さだけを目立たせ、その上マリーノの私生活をバラシ、その隠れた部分を想像するという読者の楽しみまで奪ってしまった。


ちょっと、扱き下ろし過ぎたかな!?
皆さんの感想や如何に。
明日間にあわ~な iHasta mañana!
[PR]
by HONDURAS1 | 2004-12-28 06:01 | 読書
今パトリシア・コーンウェル氏の検死官シリーズ13作目、痕跡(上下)を読書中。相変わらず健筆はさえている。
ただ相原真理子氏の翻訳がイマイチ気になる。インターステート95号線を90kmで走行とはいただけない。やはり60マイルで走行中燃料ゲージ心配になってきたので、途中のSSで10ガロン(リッターではない)補給。30分後、数エーカー(何万坪という表現は誠にいただけない)にわたって広がる新興住宅地に到着した。
実地にインターステート95号線界隈を走ったことがある小生としては、せっかく往時のボルチモワ・フィラデルフィア周辺の雰囲気を味わっているのに、親切心からと思うがリッター、キロメートル、のメートル法表記では興ざめである。是非ともマイル、ガロン、エーカーのヤード・ポンド法で表記願いたい。第一、インターステートハイウェイの速度制限標識が、88kや105kではどうにも落ち着かない。ここはやっぱり55マイル、65マイルでいかなっけりゃあ。ましてやルーシーの自宅の広さをウン千坪と表記するに至っては何をか言わんやで有る。
陽光にきらめく彼女のフロリダの住宅の風景が、とたんに磐越西線沿いの福島の田舎の風景に変わってしまったような気がする。
ご一考頂けないだろうか。

検屍が別のところで、検視になっているのも気になった。

今このブログを記述中、第何作目かを書棚に確認に行ったところ、10作目の「警告」買い逃していたことに気づく。早速購入しなくては。
[PR]
by HONDURAS1 | 2004-12-25 12:48 | 読書
小泉純一郎がやらなくて誰が改革をやる。鳩山お坊ちゃん政治ではとても無理、石原都知事はいささかツーレイト。

1,元々ある理念に基づいて改革をするとき、そして対抗勢力がある場合、それを徹底的にするには、相手を軍事的に  やっつけて屈服させ、自己の政治理念を強要する以外ない。現在の民主主義社会ではとれない手法。

2,次の手段としては政権交代であるが、現在の民主党を含めた野党では、迫力と実行力と理念何れも不足。

3,従って、現実的改革手段としては小泉政権が唯一。色々言われながらも、郵政改革、道路特定財源と言うアンタッチャブルへの踏み込み。道路公団改革の着手、その委員に反対勢力を押し切っての猪瀬氏の起用等々、今までの政権が口にする事すら憚られた政策に踏み込み、ともかく道筋を付けている。小泉純一郎、彼以外に誰がこんな事をできようか?我々国民は(田中真喜子外相の不祥事等の)小事に、本筋を見誤ってはならない。

欠点のない政治家も人間もいない、フランシス福山氏の言うように現代のようにリベラルな民主的手法しか理念を実現する手段として許されていない場合、そしてまさにそのような状況な中で、彼は実によくやっている。物事はすべて相対的に判断すべきで、少なくとも彼小泉純一郎は、戦後の歴代総理の中で最も勇敢に既成勢力と戦っています。どこを見回しても彼に変わる人材はありません。


私は強烈に応援してます。
[PR]
by HONDURAS1 | 2004-12-25 04:52
a0027592_519387.jpg
法大の生協にてスペイン語会話一月号とともに購入。一割引はなんと言っても魅力的。
塩野七生氏のローマ人の物語の新作はまだ未入荷。15日発売のはずなのに、少し遅れて得いるみたい。ディック・フランシスの買い逃した「出走」は見あたらず。

待望の13!?作目。スカーペッタはますます健在。ルーシーはますます立派になって、今やフロリダに大邸宅を構える、大金持ちのベンチャー企業の社長。

何より嬉しいのが、我が愛しのマリーノ警部がスカーペッタにぴったり寄り添っていることだ。
このインテリ法医学者と、粗野な警官とのコンビは絶妙。
私の印象では、この検死官シリーズでのスカーペッタの真の相棒は、間違いなくベントンではなくふてぶてしい態度の奥に秘めた、実にピュアな心の持ち主でスカーペッタを絶対に信頼しているこのマリーノ警部。
彼が乱暴に振る舞えば振る舞うほど、痛々しいほど彼の純な気持ちが伝わってくる。
変なたとえだが、彼の映画「無法松の一生」の三船敏郎演ずる富島松五郎と、高峰秀子演ずる吉岡中尉の奥さん、といった感じといえば判ってもらえるだろうか。

それにしても階級社会を嫌って作り上げたアメリカのはずなのに、自分と他人との身分差というか、自分への正当な評価と他人との差を徹底的に気にするスカーペッタの内心の落ち得きのなさがおもしろい。
案外、この辺がアメリカの本音かもしれない。
ただいずれにしても、ルーシーの車フェラーリのダッシュボードには依然として拳銃。
未だ開拓時代を卒業できない幼稚なアメリカがある。
[PR]
by HONDURAS1 | 2004-12-24 05:15 | 読書

徒然日記vol21

jueves 24 de diciembre hoy antes de noche de Navidad.son las cinco de menos ahora
昨日は予定がすっかり狂ってしまった。
朝簡単に年賀状を仕上げてちょっとHPをいじって、それから10時前後にはふろっぴーに行く予定でいた。ところが、年賀状で例によって苦戦。
HPの移転で徹底的に手間取り、昼過ぎまで。さらにいろんなミスやら手違いが加わり、PCの前での時間が大幅延長。遂に家を一歩も出ないままに午後4時の女房の帰宅を迎える羽目となる。
今までにも時たまあった、大幅手順狂いの一日。

おかげでパトコンの読書も、スペイン語学習も一歩も進まず(^^;)
このブログも、投稿文も全く手つかずとなってしまった。
[PR]
by HONDURAS1 | 2004-12-24 04:56 | 徒然日記
ご意見をお送りいただきましてありがとうございました。
 国民の皆様の生の声をお聞きすることはとても大事です。
 ご意見を参考にし、今後とも内閣総理大臣として全力で改革に取り組んでまいります。

   平成16年12月9日

        内閣総理大臣  小泉 純一郎
[PR]
by HONDURAS1 | 2004-12-22 20:56
アマゾンコムにネットで注文。
1. パトコンの最新作"痕跡 (上下)"
2.以前買い逃したディック フランシス"出走"
3.そして塩野 七生氏のローマ人の物語第13巻 "最後の努力"
・・・計税込み ¥ 5,112

あ~あ、わくわくする。どれから先に読もうか興奮する。
配達されてきたらまず「ローマ人の物語」を手に取るだろう。そして装丁の裏表を眺め、手触りを確認して満足するだろう。
そして。パラパラと本をめくり顔を近づけてか風とともに漂ってくるインクの匂いを十分に堪能するだろう。
そしてそのインクの匂いが逃げて行かない様に閉じこめるようにして本をたたみ、大事にしまうだろう。
そして「痕跡」もパラとページをめくり。発行年月日を確かめ今まで発行されたシリーズを読み逃していないことを確認満足して本棚に返す。
そしておもむろに最後に「出走」取り上げ、又同じ動作を繰り返し、本の感触と匂いを確かめ、読み始める。
つまり、「出走」、「痕跡」、「ローマ人の物語」と美味しいお菓子は一番後に食べる(読む)。
本好きの至福の瞬間である。
本好きは本のストーリーや内容とともに、匂い、印刷、装丁、その他諸々の本を取り囲む環境のすべてが好きなのである。
だから、読んだら捨てる読書人など信用しない。
読み終えて棚や床につんどかれる本の背表紙を眺めるのも読書人の楽しみである。

ここのところスペイン語学習に時間をとられ、読書の時間がないのが残念な毎日。
来年はよりいっそうスペイン語に時間を割かざるを得ないので、
せめて年末はこの三作品に耽溺しよう。

明日間にあわ~な iHasta mañana!
[PR]
by HONDURAS1 | 2004-12-21 05:46 | 読書