オンドゥーラス好きが展開する気ままな話題


by HONDURAS1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

徒然日記vol 47

jueves 31 de mayo
今日も又3時半に起きてしまう。
一度2時半頃目が覚めてトイレ。一端床につくも諸々雑念が湧いてきて、もう眠れない。
ぼちぼちと周りを片づけ、コーヒーを入れパソコンに向かう。
何とかスペイン語のテキストの収まり場所が決まる。余った本は再び机の下へ。
いずれにしても、今日午前中本棚が来れば大幅に片づくだろう。
本が片づけば、その後はテレビアンテナの分配配線もほぼ決まる。
後はADSLの開通待ち。
そうなればメールの送受信、ホームページのアップの環境も整う。

あさっての第一回多摩FP会の準備が心配。寝付かれない原因の大半はこのこと。
21日の引っ越し後、否その前からの銀行・役所・・電力・水道等の諸々の届け、不要家具家財の廃棄、買い換えや新規購入の手間、それらの然るべき場所への配置、配置した家具への書籍・雑誌・CD・DVD・諸々マニアル等を、段ボールの山の中から引き出し・・・目当ての物一つを探すのに時に1時間2時間を費やし・・・その挙げ句、結局見つからなかたりして、・・・所定の場所に納めたり・・どうもしっくりいかず又別の場所に納めたり、そこも又気に入らず、また元の場所に戻したり・・・が仕事明けの連日でいささかエストイムーチョカンサード。
そのいらいらを女房にぶつけたりで家庭内に余分な波風が立ち・・・、
あ~あ、引っ越しトホホ物語はまだまだ終わりそうにない。
(^^;)笑顔で行こう(^_^)v

てな訳で、あさっての本格的準備は今日から、と言っても、明日は仕事で実質今日1日。
その前に、新居のガス風呂のマニアルを読まなければ。今のところうろ覚えのままにとりあえず適当なボタンを押し、試行錯誤しながら入浴しているだけ。、

明日間にあわ~な iHasta mañana!
[PR]
by HONDURAS1 | 2005-03-31 04:59 | 徒然日記

徒然日記 vol 46

一週間ぶりのブログ。引っ越しの余波が諸々。様々なことが上手くいかない。一番の気がかりはADSLが使えないこと。前の住所で使っていた設定がそのまま使えるのかと思っていたら、なんとたとえ隣への移転でも全てが新規扱いで、新たに申し込み、全て最初から設定しなければならないとか。しかも業者側の工事等諸々でつながるまで10日から二週間ほど掛かるとか。大誤算。
 その間、従来のダイアルアップ接続で当座をしのいでくださいとのこと。ところがその当座のしのぎが、マカフィーのセキュリテイに引っかかってメールが読めない。そこまで来ているのに読めないもどかしさは何とも腹が立つ。
[PR]
by HONDURAS1 | 2005-03-26 05:17 | 徒然日記

徒然日記日記 vol45

日本ミステリー文学大賞授賞式の前に、6月の西験合格祈願に湯島天神へ。
a0027592_1431439.jpgでもこの絵馬名前がが書いてない!a0027592_14374555.jpgこれって駄目かな(^^;)何っておっちょこちょい、6月までにもう一度名前を書きに行くようだ。




a0027592_1439765.jpg
梅祭りの過ぎた境内は人影もそこそこでゆっくりと梅を観賞できた。境内の一隅屋台の脇で、地元のおじさんと焼き鳥を肴にコップ酒で(堀江モンはなかなかやる、イヤそうじゃないんだ余云々の)ひとときの世相談義。


a0027592_144325100.jpg
夕暮れ時、散り惜しむ梅と店じまいをしだした屋台を後に男坂を下り、日比谷の授賞式に向かう前のあわただしくも貴重な心豊かな時間でした。








それから、25分後華麗なる授賞式が始まりますがこれから歯医者にゆく時間ですので又後で。a0027592_1574229.jpg
a0027592_208395.jpg


・・・それから半月以上を経て、続きを載せる。








会場の雰囲気a0027592_20151746.jpg
a0027592_2091749.jpg
何か全然まとまん無い。のを映像でごまかす。
[PR]
by HONDURAS1 | 2005-03-18 14:31 | 徒然日記

徒然日記vol 44

<<授賞式>>
日比谷の東京會舘に新井政彦の光文社の「日本ミステリー文学大賞新人賞」授賞式に招待されてゆくことになった。

昨年11月、新井政彦氏本人からの突然のメールで知る。
いきさつは4年前、氏の作品にエールを送った小生の拙評に氏が非常に勇気づけられたとのこと。寝耳の水だった。小生サンミス(サントリーミステリー大賞・・以下サンミス)の審査員を去年まで8年の間に7回ほどやり、その際氏の四年前の作品「ネバーランドの棺」に絶賛のエールを送ったらしく、そのことに勇気づけられた氏が、その後も精進の後今回の栄誉となった由。慶賀の限り。もの書きを諦めきれない身としては、ちょっぴり妬けるが。

それにしても、「寝耳に水・送ったらしく」と既述のように小生全く身に覚えがないというか、記憶が無く、正直言って驚いた。そしてしかも、小生のある意味では無責任な拙評を、この4年間忘れないでくれたことに感激した。のみならず、小生の拙文とHPが彼を励まし、精進の支えになったとは・・・。別の意味で感動だ。もしかしたら、小生の物書きの道にいくらか希望が残っているのかも。なんて手前みそに感動したりして。
HPも4年前のHPの資料や、フロッピーディスクを散々探したがそれらしい気配は見つけたが、これだ!と言う決定打は見あたらず。

そんなこれ屋で、今夕の東京会館行きとなる。
ところで着てゆくモノがない。仮にも文学賞のレセプション会場としては老舗の東京會舘、しかも夫婦で。新宿六本木あたりの軽薄なホテルのロビーとは訳が違う。所謂スーツの類はほとんど無く、有っても30代ぐらいまでの代物でよれよれ。新調する金などもちろん無い。悩んだ末、一応ごまかせるかもしれない和服で。

それに合わせて、下駄だけは新調と広島県の福山に注文。その注文が例によってぐずぐずもたもたしていて、漸く結論した結果なので、なんと注文したのが実質的に昨日。現在その下駄の到着を待ったいる有様。帯がだらしないから、新調したいのだけどその費用も暇も無い。そのま済ますしかない。下駄が万一届かなかったら、草履で行こう。幸い草履は大枚2万円はたいて10年ほど前に買ったやつが殆ど新品同様で有る。

その前に床屋へ行き、会社で1300からの健康診断を済ませ、日比谷への途中椎名町で途中下車、スペイン会館で西験とスペイン語コンクルソの資料を取り寄せ、ついでに湯島天神に今度こそ6月の西験4級合格の絵馬を献納、必勝を期す。その後5時半からの受賞式典、その後のキシャカイケン立食パーテイ等をこなして20時過ぎに終了、八王子帰宅は10時頃になりそう。

本日は多忙なり。あ!今不機嫌そうな宅急便が下駄を配達してくれた(^_^)v
ムイビエン。ぺるヘクト!グラシアス、松永下駄工房。

明日間にあわ~な iHasta mañana!
[PR]
by HONDURAS1 | 2005-03-16 10:12 | 徒然日記
<<堀江モン讃歌>>
以下、巨人の星のメロディーで、絶叫のこと

思~~いこんだら 試練の道を~~ 行くがライブドアーの進む道
亀を踏み越し 日枝を手折り ポニーキャニオン何のその!
ラクテン目じゃない 大リーグを買っちまえ
行け~! 行け~! 堀江ええええ!  堀江えええモン!!!

堀江モン維新に期待する。
既得権にあぐらをかく日本放送、フジテレビの守旧幕藩体制をぶった押せ!君は夜明けを告げる21世紀の緒方洪庵、吉田松陰なり。後に続く革命の志士は獅子の群れの如く続く!
石原裕次郎も、ビートルズも不良から出発。君は50年後、世界中の教科書に載る。

今、産経新聞を購読しているおじさんは、エールを送り続けます。
明日間にあわ~な iHasta mañana!
[PR]
by HONDURAS1 | 2005-03-16 08:02 | 徒然日記

徒然日記vol 42

miercoles 16 de marzo
a0027592_7113689.jpg
ここのところブログも全くなおざり。
前回記したしたのは、確か旅行の前の5日頃。10日以上のご無沙汰となる

a0027592_733126.jpg
2005年最初の旅行らしい旅行!広島の宮島を起点に3泊4日の中国路の旅は本当に恵まれた。確か5日頃まで、雪交じりの底冷えのする日が1、2日置きぐらいに来襲。連日天気予報と旅行の日程を睨みつつ不安な日々。女房は7日から数日は良いとの天気予報に楽観的な期待を掛けていましたが、天気予報と友情はここのところ信じてない小生としてはかなり心配でした。

ところが、03/07は早朝からhace buen tiempo!出発時の羽田はもちろん、山際に新設の広島空港a0027592_737333.jpgも着陸時に夏みかんの黄色や、下を通る人が確認できるほどの快晴に近い天気。春うららな陽光が出迎えてくれ前途が心楽しく為る。さすがに宮島に向かう船上では海風を受けて寒かったが、それでも甲板に出て、上着なしのセーター姿でカメラを構えることができた。

小生、30数年前の自転車旅行の折、国道2号線から赤い鳥居を遠望しただけだったので間近に望む宮島は楽しみ。女房はもちろん初めて、ことのほか今回の旅を楽しみにしていた。2年後のスペイン留学を胸に秘め、当分の間は女房孝行・国内旅行に専念する以外に為し。

牡蠣鍋にサルー!
安芸の海 終日(ひねもす)のたりのたりかな まずはゲンの良いの良い旅立ち(^_^)v
明日間にあわ~な iHasta mañana!
[PR]
by HONDURAS1 | 2005-03-16 07:25 | 徒然日記

徒然日記vol 41

ここのところブログがなおざりに。
とりあえず02/27多摩地区FP会の集まりは9名。前回八王子FPの時の3倍。これで何とか04/02日テイクオフの見通しがついた。何より I 氏という理解者にして協力者を得たことは心強い。何とか目標人数15人をクリアしたい。
ライブドア騒動がかまびすしい。いずれにしても堤会長、日枝だ某などは幕末の新撰組か奥州列藩同盟もどきの守旧派。いずれは維新の激動の前に消え去る運命。堀江氏は緒方洪庵若しくは吉田松陰。彼が万一失敗して舞台を去ったとしても、高杉晋作・伊藤俊輔・大村益次郎が必ず出てくる。そこまで行く前に堀江モンガンバレ。
04/02の案内、後はがき2枚出さなければ。それからめぐみさんにも是非入ってもらわなければ。
ミノさんからガテマラ便り、それにしてもトシ君の件は痛ましい。やはりzona18とかは棄権なのだろうか!?トシ君のご冥福を祈って合唱!
7日からいよいよ我が愚妻が待ちに待った山陽山陰路の旅。ここのところの天候不順が心配だが、好天を祈る。お姉ちゃんのカンパはこの貧乏所帯には心強くもありがたい。ムチシマス、グラシアス。
明日間にあわ~な iHasta mañana!
[PR]
by HONDURAS1 | 2005-03-04 13:16 | 徒然日記