オンドゥーラス好きが展開する気ままな話題


by HONDURAS1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

清原のホームランがやっと500本に届こうとしている。
これほど努力しないで達成する500号本塁打も珍しい。なぜなら、彼ほどの天性の素質と身体に恵まれていれば、おそらく生涯本塁打1000号も視野に入れることができたはずだ。それが20年目にしてやっと500号。一年平均やっと25本。頑張れば50本打てる男が。彼は入団以来20年、入団時の本塁打数31本を抜くことができたのは僅かに4度、同数は入団時のそれを含めて3回。つまり20年の内13年は入団時のホームラン記録を下回っているのである。少しの努力で、今頃650号ぐらい行っていてフシギではないはずだなのに。特に97年のジャイアンツへの移籍以来2004年までの8年間、実質的に主力打者としての記録を残したのは3,4年。99年、2000年、02年、04年の成績など。いつ戦力外通告されてもおかしくないほどの恥ずかしい実績である。単に渡辺オーナーの気まぐれに救われ残留したに過ぎない。これほど感動のない、凡庸な記録も珍しい。その程度の男の記録をもてはやすメディアも凡庸の誹りを免れない。

自分の記憶に自信はないが、
ただの一度も打撃部門のタイトルをものにしていない。入団して数年もたたないうちに、僅か22,3才にしてすでに現状に満足したおじさん顔。そのまま安楽にのんべんだらりと打ち続けていつの間にかの500本といえよう。彼ほどのポテンシャルが有れば、毎年30本台後半から40本台を10年以上打ち続け、少し本気になれば50本台も当然何度か。ホームラン王の数回は手にしていて不思議はないどころか、三冠王すら挑戦できたはずなのに、その執念を見せたことも無く、競り合ったこともなく20本台で由としているお気楽な王者。

その辺りが良き師に恵まれたとはいえ、彼より遥かに体格が劣りながらも血のにじむような努力の末の王貞治のそれとは段違い。社会人を経て、25,6才から記録を積み上げた古田の2000本、落合の500号本塁打とは記録の(18才という二人よりも7,8年も早くスタートして常に日の当たる主軸打者の地位を、巡り合わせによって労せずして与えられのほほんとして積み上げただけの清原とは)中身・価値・質が違う。この辺りをジャイアンツびいきのメディアは語ろうともしない。

それが今日、野球人気がサッカーに遠く及ばず衰退の一途をたどる遠因だろう。清原はそのもっともわかりやすい、現常無認識無自覚無努力無改革の典型的な具現者なのだが、業界も有識者も警鐘を鳴らそうとしないところに現在の球界の不幸がある。何の緊張感もないところに向上も繁栄もない。ジャイアンツに移ってからも、その前からもここぞというチャンスにはいつも凡退、チームの勝利に貢献したのをみたことがない。彼の努力と言えば不調時にスポーツジムに通ったことぐらい。そんなものは努力でも何でもない。スポーツジムに通う金もないところから這い上がるのが本当の努力というのだが、おそらく彼にはそんな苦労などわかりはしないだろう。それほどに安逸怠惰なお坊ちゃんなのである。

そんな清原の500号にカンパイ!
[PR]
by HONDURAS1 | 2005-04-27 06:04

タクシー日記2

本日も日野のスタンドより。たちかわのふじみちょうまで仕事できて、例によって立ち寄りブログ。ここに来たときはまあまあの仕事。45で上がり。それにしても土砂降りに近い雨で、帰社するころには泥だらけだろう。
[PR]
by honduras1 | 2005-04-21 01:49 | 徒然日記
我が愛しの福島の友、                         kamon氏から春の便り。
a0027592_4535674.jpg


蛇足、・・写真のミモザについて。
私は世間一般の知識に疎く、特に花や樹木の名前など、全く知りません。花ではせいぜいチューリップとバラの区別、樹木では銀杏と松の違いがわかる程度の朴念仁です。
kamon氏から時にいただく便りの中に時々「ミモザ」の名を散見するも全く注意することなく見過ごしてました。ところが04/29早朝、我が愛するサイト、MIDI歌声喫茶の中で以下のような文に出会いました。

・・・・・・・・
わが国で一般にアカシアと呼ばれているのはニセアカシアで、ハリエンジュとも呼ばれます。英語ではfalse acaciaで、一般にはblack locustとかyellow locustと呼ばれています。北アメリカ東部~中部原産の落葉高木で、日本には明治の初めに渡来しました。春に白い可憐な花をつけます。歌謡曲や童謡でアカシアとして歌われているのは、たいていこの花です。一方、「ニセ」がつかないアカシアは、わが国ではミモザと呼ばれることが多くなっています。二木紘三作、MIDI歌声喫茶、「アカシアの雨がやむとき」の解説文より引用。
・・・・・・・
げに蘊蓄は人の出会いを豊かにするものなり、二木様ありがとう。
今後とも人の役に立つ、或いは何の役にも立たない愚にもつかない解説というか蘊蓄というか蛇足というか、お願いします。
楽しみに何度も何度も愛読しているものもいますので。
[PR]
by HONDURAS1 | 2005-04-12 04:56 | 徒然日記
為したこと、
免許証の住所変更届。
イスパニョールクラッセ
事務局に追伸。
西験申し込み手続きに伴う諸要項。

為さなかったこと、
女房との南浅川におけるお花見、悪天候により中止。
旧友への本発送。手をつける暇なし。
西験申込書発送、明12日、仕事中、拓大若しくは法大の生協にて発送つもり。
以上、
明日間にあわ~な iHasta mañana!
[PR]
by HONDURAS1 | 2005-04-11 21:09 | 徒然日記

タクシー日記

0410本日最後の一発、四面道のピンゴで売り上げクリア。ムイビエン!
高速代をケチって日野のスタンドで洗車。こちらで例に拠ってブログを書き足す。
着ろ途中、調布辺りで雨にあったが、日野橋へ近づいたら止んでしまった。スタンドの近辺も八王子方面も今のところ雨の気配なし。
こちらもムイビエン。
毎回こんな風に満州の帰りで、ここでブログを打てるようになれば最高だがそうはいかない。
ともかく本日日曜の売り上げは先日の金曜日より数千円多く、極めtてペルヘクト。
明日他マニア~名。
[PR]
by honduras1 | 2005-04-11 03:05 | 徒然日記

櫻井よしこさん

03/27、櫻井よしこ氏の講演、懇親会に行ってきました。
a0027592_205239.jpg会場は、バブルがはじけて以来殆ど縁がない、虎ノ門のホテルオークラ。
久しぶりに落ち着いたリッチな雰囲気を味わってきました。

櫻井さん、私と同年のウン才。こちとらは、はげり、でぶり、ぼけり、いよいよ老境が間近というのに、相変わらずおきれいで聡明でうらやましい限り。著書へのサインも丁寧で、次から次へのカメラの注文にも本当に気持ちよく答えてくれて、
当初遠慮していた小生、遂に厚かましくツーショット。ハッピーな一日でした。

ツーショットは映像はやや大きいので、HONDURASのHPに掲載。
櫻井さん無断でごめんなさい。
http://www2.ttcn.ne.jp/~Hondkai/
そのうち消しますので。

では、明日間にあわ~なアスタマニア~ナhasta man~ana!
[PR]
by HONDURAS1 | 2005-04-07 20:06 | 徒然日記

徒然日記 vol 48

本日も売り上げは最低とほほ、とこんなブログを洗車先のスタンドで書いている。夕飯に2時間ほど家fに帰り、ADSLの配線。その後10時前には朝が早かった所為かどうにも眠くて1時間ほど寝てしまう。そんなこれやで、12時半に高尾で小金井行きを捕まえるまでやっと26。小金井の9700円を足して35で今日は上がり。
それにしてもここのスタンドの洗車料は800円と安く、その上、こんなブログも書けるなんてなかなか!
難点は少々遠い事。
では、またこの次。
[PR]
by honduras1 | 2005-04-06 02:09 | 徒然日記