オンドゥーラス好きが展開する気ままな話題


by HONDURAS1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

死の選択

martes,30 de junio.Hace mal tiempo.
ある新聞のコラムが安楽死・尊厳死・・・「死ぬ権利」の法がドイツ議会にて可決と報じていた。
我々日本と日本人もそろそろこの問題と真剣に向き合わなければならない。

コラム氏は・・・「重病患者の過度の延命処置は、本人の苦痛はもとより家族にも経済的精神的に大きな負担を強いる。そして、膨大な医療費の国庫負担は国家財政を揺るがしかねないのだ」と言う。その通りだと思う。

所詮、生あるものはいつか死を迎える。この当然の摂理に真の意味で前向きに取り組まない限り人類の未来はない。目前の命の尊さの声の大きさに、全ての打算(敢えて打算と言いたい)を封印して、ひたすら生かし続けることこそ正義だとする思いこみはせめて21世紀前半で終わりにしたい。

意味ある生を、本人も周囲も、社会も納得したなら、意味ある死をも認める勇気を持つべきである。それでないと、人類はその限りある資源を哀れみの代償にのみ浪費という愚を犯しかねない。また、地球も日本も、地域の村落も、人類にのみその資源を無限に提供しうるものではない。当然限りがある。何となれば、そのキャパシティーに見合った生存数しか許されないと心得るべきである。

その意味で深沢七郎の「楢山節考」は、極めて深遠な警鐘だったように思う。いつかどこかで、自分の親(それが私だとしても)を山に捨てに行くという、不条理を受け入れる決断をしない限り人類という種は絶滅する。そしてもちろん、絶滅というのも選択の一つである。
人類が、他の幾百万種に優越して永遠に生き続けると思うこと自体傲慢である。それが天の配剤定めなら潔く自身の滅亡受け入れるべきである。この宇宙数百億年の寿命から見て、高々数百万年の人類の生など所詮流れの泡沫(うたかた)のごときもの、方丈記を省みるまでもない。
明日間にあわ~な iHasta mañana!
[PR]
by HONDURAS1 | 2009-06-30 09:37 | 徒然日記
martes,30 de junio.Hace tiempo mal.
マイケルジャクソンとかゆう洋物歌手が死んだらしい。例によってメディアが騒いでいる。偉大なエンターテイメントの死、私の青春そのものだった、その死が受け入れられない・・・等々の、あまたの聞いた風な陳腐なコメントの羅列で。

しかし、
恥ずかしながら本年御年64才の小生、彼の歌手のことを全く知らない。メロディーを口ずさむことは勿論、歌の題名すら知らなかった。そんな私にとって、彼が死ぬ前と死んだ後と世界は全く変わらない。プレスリーやシナトラ、ビートルズならそれぞれ一つか二つの曲の出だしのフレーズを口に出来る。「ヘイジュードー」ならパチンコ屋から流れてくれば聞き分けることが出来る。それが、「スリラー」とか言う曲などが掛かったとしても全く判らないだろう。

全く根拠のない憶測を言わせて頂ければ、
「スリラー」が1億数千万枚売れたとか、生涯販売枚数が数億枚とか!?でも世界人口60数億から見れば少なくとも50億の人は買わなかった。買えなかった、知らなかった。この日本にしても総人口1億2千数百マンの内、最大限ひいき目に見ても1億人は買ってナインじゃないのか!?総人口の半分近い5,6000万人は彼のこと知らなかったんじゃない!?少なくとも死んで騒ぐ前日までは。

小生に限って言えば、ジャクソンなど、
薬物容疑や幼児虐待や3流メディアの軽薄な豪邸取材の野次馬報道程度でしか知らない。特に印象深いのは、黒人のくせに歌舞伎役者のように白塗りに整形した文字通りの「スリラー」でグロテスクで不健康な顔だ。何故、健康な黒人としての誇りを持ち、それを前面に出しての活動ではなく、自らの皮膚の色を改ざんしてまで白人社会にすり寄ったのだろうか!?そしてそれは、自らの所属する人種への裏切り行為ではなかったのだろうか!?親から貰った大事な身体を傷つけるなんて、と言った類のフル〜イ道徳観を引きずっている世代としては共感はおろか容認も出来ない。

ま、
ジャクソンごとき、東京で言えば錦糸町か小岩(に在住およびご縁のある方にはゴメンなさい)あたりの場末のキャバレーが似合う下手物歌手と言った印象しかない。まるで1億総讃歌のごとき日本のメディアを見るとき、こんな見方もあって良いかも。批判も甘んじて受けます。
明日間にあわ〜なアスタマニア〜ナhasta man~ana!
[PR]
by HONDURAS1 | 2009-06-30 06:42 | 徒然日記

再開の再開?!

martes,23 de junio. Hace buen tiempo y bastante calor.
四国&熊野古道のたびから帰ってきて二週間ほどブログ休止。再開して2,3度ブログって見たが何故かその後さっぱりやる気をなくしとうとう20日ほどブログをご無沙汰。

四国&・・・、から帰って一ヶ月余、ようやく文春5,6,7月号を昨日22日読みきる。
・・・この後何を読み始めるか・・・???

ここ3日ばかり散歩をサボる。
日曜日は雨、月曜はだらけ、本日は34度の真夏並みの猛暑にやはりだらけ。
そんな時、午後からようよう出かけた駅の改札口近くのパンフレットに富士登山の案内を見つける。
何がなし、このあたりが散歩継続のインセンティブになるかもと手にし持ち帰る。

何か強烈な動機付けがないと、連日2万歩以上の歩数ノルマ達成は難しい。

アスタマニア~ナ!
Indice de podometro
0602 32842
0601 17814
0531 17975
0530 06034
0529 04298
0528 00000
0527 20640
[PR]
by honduras1 | 2009-06-23 16:37 | 徒然日記

体調不良

miercokes,03 de junio.
朝の散歩後なぜか体調不良。故に、プールサウナはお休み。女房にアクラブの掲示板のこと依頼。
1500頃までひたすらグータラ、1700近くになって外出。出先の東急スクエアの1階で、ブログろうと思って、パソコンを繋いだら待望のAEさんからの返事。

無事高野山詣でを終えただけでなく、ハッピーな連続で小生ごときに連絡する暇がなかっとのこと。めでたしめでたし。今後、遍路での体験がよりAEさんたちの幸せの後押しをしてくれることと信じるのみ。この辺りにおじさんの出番はなし…と云うこと。

アスタマニア~ナ!
[PR]
by honduras1 | 2009-06-03 19:06 | 徒然日記

遍路講演キャンペーン?

martes,02 de junio. Hace buen tiempo,pero bastante calor.
1日遅れにしていた法政大生協での本買い取り。今回は控え目11000円也。往復徒歩にて出かける。意外と歩数は少なく往復で15000歩ほど。でも朝の散歩の一万歩、アクラブへの立ち寄りなどを含めて30000歩を越す。これだけ歩けば大満足。
アクラブへの遍路講演のポスター貼り、やっと成功!支配人の許可を得るのに4日ほど浪費す。

ショッパーへの掲載は、懸念していた通り投稿時期が遅く掲載叶わずとのこと。今後は後2週間ほど早く投稿しなければ。と言うことは会場確保も一ヶ月ほど前からと言うこと。
色々面倒だが、ま しょうがない。

朝の散歩路に40数枚パンフレット配る。二人ほど強弁な拒否にあったが、それも日本人特有なシャイな性格の所為にしとこう。2日間で、60枚ほどの配りで何人来るか?固いとこ、3人、5人来ればまあまあ、7,8人来れば大成功と言うところ。アクラブの分と合わせて何とか二桁に乗って欲しいところ。

梅さん5日、たかまき13日来る。AEさんからの返事は依然音沙汰無し。

200円の格安ラーメンで女房と昼食、小生2杯にて400円。旨かった。
明日間にあわ~な iHasta mañana!

Indice de podometro
0602 32842
0601 17814
0531 17975
0530 06034
0529 04298
0528 00000
0527 20640
[PR]
by HONDURAS1 | 2009-06-02 19:24 | 徒然日記

ブログ再開

lunes,01 de junio.Hace buen tiempo!
四国遍路+高野山&熊野古道歩きという、今年前半の一大イベントが終了して、今年後半の目標を見つけるまでの虚脱状態故か9日間のブログ休止からの再開!

梅さんからの返事はすぐ来た。
AEさんからの返事は待ち続けるも未だ無し。何か事情があるのだろう!?思えば87番の民宿でのやり取り以来・・・。
朝の散歩で、遍路の話のパンフレット15部ほど配る。意外と好評・・・かな?
その件でのアクラブ、ポスターの原案支配人に見せる断で躓き。出会いと情報がちぐはぐ。
法政大学生協、明日02日に延ばす。

勇気を持って新しい床屋に行く。理屈っぽい床屋だが面白い。2500円也。

取りあえず今日の再開はこんな所から。
蛇足
一番霊山寺のHP、結願者紹介コーナー!http://cgi.45988.mobi/details.php?id=185
明日間にあわ~な iHasta mañana!
[PR]
by HONDURAS1 | 2009-06-01 17:47 | 徒然日記