オンドゥーラス好きが展開する気ままな話題


by HONDURAS1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

悲しき札漁り

miercoles.17 de febrero.Mal tiempo tambien.
人が納札したお札を、勝手に納札箱等を引っかき回して漁って何の御利益があるのだろう?しかしながら、このような輩が後を絶たない。このような連中が神聖な四国の大地を共に歩いていると思うと、足の裏が汚れる思いだ。

以下はミクシーのトピへの投稿文、
私は納札箱を漁ったりする行為はマナー違反どころではなく、人間として見苦しく四国遍路を冒涜する行為と考えてます。

つまり、
金札なり、錦札なりはそれなりの巡礼を重ねて頂くものであり、その裏付けなくして手にした札は、それが金であれ錦であれ無価値だと思っています。

汗を流し、足を痛めて、50回百回重ねてこそ意味があり価値があるものと認識しています。私は自分が成し遂げていないのに、たとえ金札錦札を目の前にぶら下げられても受け取る気がしません。

自らを偽って、御大師様を誤魔化して何の遍路かと思います。今後とも、地道に回を重ねてふさわしいお札をいただく覚悟です。
[PR]
by honduras1 | 2010-02-17 17:43 | 四国遍路
lunes,15 de febrero.Hace mal tiempo,tambien.

京王バスへの投書

2010,02,15.1335分頃、八王子駅北口より乗車並木町下車、
京八〜舘ヶ丘ゆき、京王バス

このバスの運転は非常に不愉快、停車するたびに上体が前に引っ張られ、停止後かっくんと元に戻ることの繰り返し。優先席に横向きに座っている人を見ると、停止直前に一斉に前方に傾き停止後一斉に人形のように戻る。
停止直前一瞬ブレーキを抜いた後改めて軽くブレーキを踏み直すという、初歩的なテクニックとマナーを知らない運転。

以前、八王子駅南口から北の台方面で載せて頂いた、女性運転手さんの模範的な運転を見習ってほしい。

加速もかなりガクガクとストレスを感じる。

責任逃れのためか、
「バスが停止してから席をお立ち下さい〜〜〜」のアナウンスをひっきりなしに流す前に、このようなマナー違反で無思慮な運転を改めるのが先決のはず。

責任ある対処をお願いいたします。
[PR]
by honduras1 | 2010-02-15 14:39 | 徒然日記

女教授、銃乱射事件!

domingo,14 de febrero. Buen tiempo.
石巻の事件を始め、日本でも悲惨な事件が後を絶ちませんが・・・。
大学の女教授が会議中に銃をぶっ放す、さすがに日本社会ではそこまで行かないですよね。

それにつけても、
ずっと読み続けているパトリシア・コーンウェルの検屍官シリーズの小説中「娘も小学校高学年になるから、そろそろ銃の撃ち方を教えなければ」という母親のセリフに、アメリカの根強い銃信仰と日米彼我の文化の隔たりを感じたのをまたまた想起させられました。

また以前、
アメリカ西部を旅した折、モーテルで見たTV番組も印象的でした。
確か午後9時頃のゴールデンアワーに全米ガン(銃)組合だかがスポンサーで、郊外の野っぱらの実弾射撃でライフルや拳銃の性能(殺傷力、扱いやすさ、コストパフォーマンス等々・・・言い換えれば如何に低コストで気軽に人間を殺せるか)を競うというもの。子供も含めた家族連れがピクニック気分で参加し、それを延々と1時間以上も得々と解説付きで流していました。
如何にアメリカ西部の荒涼たる風景を目の当たりにを旅してきたばかりとはいえ、こういう文化にはとてもついて行けないなと思いました。

日本でこの手の番組を流したら、放送局もスポンサーも袋だたきになること確実でしょう。一口に異文化理解といっても、超えがたいレベルがあるかと思います。
明日間にあわ~な iHasta mañana
[PR]
by honduras1 | 2010-02-14 09:25 | El Camino a Satiago

東京大学本郷キャンパス

sabado,13 de febrero. Hace mal tiempo y mucho frio1
生まれて初めて天下の東京大学本郷キャンパスに行ってきました。駒場の方は数年前に、アンケンの特別講座かなんかで行った覚えが…。今回は、「引きこもり」のシンポ。a0027592_17232523.jpg

赤門より入場!特別のセキュリティチェックなし!a0027592_1725533.jpg






         41年前、安田城の攻防の記憶は今も鮮明!    

もはや歴史といっていいほどの歳月。傍らを通り過ぎる学生の何人がそれを…?!
a0027592_17264112.jpg
その地下食堂でのハヤシライス大盛り450円
[PR]
by honduras1 | 2010-02-13 17:27 | 徒然日記
jeves,11 de febrero.! Hace mal tiempo!

NHKの番組「プロフェッショナル」を見て・・・感想投稿文

リタイヤして4年目の65歳の男です。普通高校1年中退、定時制高校1週間中退、通信制高校5年で卒業。大学二部5年で中退。その間職を転々、タクシーの運転手をしながら支援し始めた中米の子供とじかに話したいため、40代後半からスペイン語に挑戦!3年前スペインに留学し半年の予定が4ヶ月で挫折帰国。今原点に戻りNHKのスペイン語講座を終日聴きながら、6月の4級合格を目指してます。最近記憶力の衰えに加え耳が遠くなってきて不自由ですが、今後ともスペイン語を足がかりに世界と身の回りに向き合っていけたらと思っています。

そんな折、
岡田先生の番組を真摯に見させて頂きました。寄り添い見守りゆっくりと真剣に向き合う・・・、そんな姿勢で子供たちに接する。先生の辛抱強い姿勢に感激しました。

その一方、
それだけで良いのかな!?とも思いました。
昨今、ニートや引きこもり、フリーターやリストラそういった日本社会の負の側に回った人たちへの救済、年末派遣村に代表されるスケープネットなどが話題になる度、違和感を感じてきました。

私は本来、
この地上に生まれてきた全ての人が希望通りの職や生活に有り付けることなどあり得ないと思っています。全ての人が分に応じた役割を社会の中で担っていけばいいのです。全ての人が社長に、全ての人が金持ちに、全ての人がかっこよいスターのような生活を・・・、そんなことなど本来あり得ないことなのです。もしそうだとしたら、誰が電車を動かし、誰が下水を掃除し、誰が郵便を配達するのですか?

昨今、若者たちの考えを垣間見るに、
六本木近辺のかっこいい職場で高収入みたいな仕事だけが目標で、それ以外のかっこわるい汚い仕事などは自分に合わないなどと、ニートやフリーターを続け、あげくにネットカフェ難民とやらで年も越せず、派遣村に寄宿する。

一方で、
介護の現場やすすで汚れる町工場には日本語もままならない外国人に頼る。こんな今のいびつな日本、いびつな若者の仕事観や生活観を、支援する気がしません。

私の育った昭和20年代、30年代高校進学率はやっと50%、大学など夢のまた夢でした。
8人兄弟で長男は家計を助け15から働き、次男長女以下も働きに出て収入の5割を家に仕送り、兄弟で一番頭の良かった4男を大学にやるため、兄弟家族を必死に働きました。

そして、大事なことは
4男も含めて家族全員数え切れない不満を抱えながらも、基本的にそれぞれの役目を自覚していたことです。4男一人に家族の希望を託すことで時に犠牲を厭わなかったのです。そうして、遙かな「家族の坂の上の雲」を追いかけてきたのです。それは、明治の家族も、大正の家族も、昭和の家族も同じです。そうやってがんばって平成の世界に冠たる日本社会を作り上げたのです。

子供に心を開き、寄り添い、思いを聞いてやるのも良いでしょう!
でも、その子たちが岡田先生の手を離れて社会に出たとき、社会の誰もが岡田先生ではありません。私には、彼ら若者が先人が営々と築き挙げてきた日本社会を食いつぶし、甘えているようにしか見えません。不公平に、無理解に、無視に自ら立ち向かって行く気概が若者になかったらすでに若者ではありません。

冒頭の履歴にもあるように、私の一生は世間の標準から云っても、決して恵まれたレベルではありませんでしたが、私は幸せでした。タクシーの運転手で途上国の児童も支援できたし、挫折したとしてもスペインに留学できました。そして何より、その大部分を徒手空拳自らの力で切り開き+周囲の理解と運に恵まれたと考えています。

岡田先生の価値観や努力は決して否定するものではありません。賞賛し感嘆します。
その一方、授業開始と共にぴたりと門を閉ざす愛の鞭が、時として若者の心を開く・・・、そんな勇気ある教育も必要なのではないかと愚考したりします。

乱筆、勝手をお許し下さい。真に日本の未来を憂う老骨より。
明日間にあわ~な iHasta mañana!
http://www1.ttcn.ne.jp/~hondkaoru/
http://honduras1.exblog.jp/
[PR]
by honduras1 | 2010-02-11 17:14 | 甘えの構造

早春の出会い

domingo,07 de febrero.Hace buen tiempo,pero bastante frio y el viento es muy fuerte.

料理教室のあと”ベローチェ”へ。
帰り際、
「スペイン語を習っているんですか!?」と女性に声をかけられる。この年になって滅多にないことなのでムーチョMuy bien!アイルランドへの留学経験があり、スペイン語とその文化に興味ありとか。
オンドーラスも知っていてうれしかった。

本音は、もう少し話していたかったが名刺を渡してとりあえずadios。
そのうち偶然再会できればperfecto!
その上、二つのHPを見てくれたら、!マラビジョーソ!

明日間にあわ~な iHasta mañana!
[PR]
by honduras1 | 2010-02-07 18:54 | Espanol