オンドゥーラス好きが展開する気ままな話題


by HONDURAS1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Viernes,16 de julio. Hace buen tiempo. Bastante calor.
久し振りにいい映画を見た。有楽町のTOHOシャンテで。
貧しい中米の小国hondurasからサイラと云う少女が親族と共に、北を目指して出国する。懐かしい
Tegucigalpaのセントロ裏のメルカドらしい風景を後に・・・。
一方、メキシコの地方都市の下っ端ギャングのウイリーは、そんな越境者の小金を巻き上げて、希望の無い日々を過ごしている。

ある日、ボスとウイリー は連れの新入りと共に、サイラら不法移民が群がる列車の屋根に乗りこみ3人でカツアゲをやる。サイラに目をつけたボスは金以上のものを求めて、多数の移民の注視の中サイラに襲い掛かる。もともとギャングになり切れないウイリーは、そんなボスの振る舞いを見かねてボスを殺してしまう。

結果的に救われたサイラは、ギャングとは言え優しい心根を失っていないウイリーに心惹かれて行く。同時に、ウイリーはボスを殺してしまったことで、ギャングの組織に追われる事となる。そんな救い用の無い悲しいドラマを交差しながら不法移民を乗せた列車は、遅延を繰り返しながらメキシコの大地を北へ北へとアメリカンドリームを目指して進む。

昨今、ラテンアメリカも経済的停滞もかってほどではなく、FTP 等の政策でそれなりに潤っていると聞いていたが、映画の列車が通過するメキシコの町々や田園は依然として貧しく、小生が数年前まで訪れて見なれたゴミと落書きが溢れ返るカオスそのものの風景だ。

依然として絶望的に貧しいメキシコの地方都市、それよりもさらに悲惨なhondurasから出てきたサイラとその身内。それは、宿命とも言える重い枷で今後とも、彼女らの人生を支配し続けるかも・・・。いま、出口の見えないと言われる日本の不況さえ輝いて見える、悲惨な現実ではある。

ドラマは、Americaとメキシコの国境リオグランデで、サイラを先に渡したウイリーが遂にギャングに追い付かれて川面を自らの血で彩ると云う、予想どおりの悲劇に襲われる。Americaに渡り、ニューメキシコあたりのショッピングセンターの公衆電話から、手はずの番号に連絡したサイラの表情の和みに、かすかなエスペランサ(希望)を見出してホッとする。

暗くやるせないドラマだが、富を求めてひたむきな若い男女の時折見せる、瑞々しい笑顔に老成した日本には無い新鮮さと未来を垣間見たような気がしたのは、好きで好きでたまらないラテンアメリカとhondurasのドラマ故だろうか!?

!Hasta mañana!
[PR]
by honduras1 | 2010-07-16 17:12 | 同窓会
martes,13 de julio。
全く情けない管総理と日本人だ。今回の参議院選、日本再生のラストチャンスを総理と国民は失ってしまった。
せっかく勇気ある増税発言を選挙前に掲げたのに、周囲の雰囲気に飲まれてトーンダウン迷走してしまった。
本当に残念だ。管総理と民主党の反省すべきはは増税を掲げたからではない。増税を徹底し手国民に説かなかったからである。
低負担で高福祉、そんな夢のようなことがいつまでも日本国民は続くと思っているのか???そんな情けない国民にいつまで政治家は迎合し続けるのか????時代が変わり、経済環境が激変していてそんなことを続けていればこの日本は持たない。誰もが感じていながら、ほんの少しの増税も拒否する。

かってケネディは言った。アメリカ市民諸君!君たちはアメリカが諸君に何をしてくれるかを問うのではなく、諸君一人一人がアメリカという国家に何を貢献できるかを説いたまえ!こんなにおんぶにだっこ、すべてを政治家に押しつけ自らの責任から逃げ続ける日本の有権者にこの言葉を問いたい。そんな国民を覚醒させる、勇気ある真の言葉を発する政治家はいないのか!?

かってドゴールは言った。泥沼のアルジェリア紛争時、既得権のしがらみから解決策を見いだせないでいる既存の政治家や国民に、諄々と時代の変化を説き撤退することこそフランスの栄光であり、フランスの未来はアフリカではなく欧州にある!暗殺の危険を承知で訴えたドゴールの勇気に習う政治家はいないのか???

此処まで来たら、とことん落ち込むしかない。そこまで行かなければこの日本国の国民は解らない。目先の小利にしか関心がない、あえて真実から目を背け惰眠に埋没するしか脳がないのだから。
数年を経ずして、ギリシャ危機の数百倍の日本初の大恐慌が勃発するだろう。そのときになって何を言ってももう遅い。20世紀、日露戦争以来営々として先人が築き上げてきた世界に冠たる日本国の栄光は、21世紀初頭わずか10年で費えてしまった。

明日間にあわ~な iHasta mañana!
[PR]
by honduras1 | 2010-07-13 05:41 | 徒然日記

ipad

sabado,03 de fulio,Hace poco mal tiempo.
昨日、ipadを買った。衝動と云うほどでもないがかなり衝動的。きっかけになったのは100円パソコンを地べたに落として液晶が壊れたこと。オフィスのサービスパックが付いて、9800円也、一年半ほど使って元は取った感じ。主目的である四国遍路に二度役目を果たしてくれたのだから・・・と、かってに折り合いを付ける。
明日間にあわ~な iHasta mañana!
[PR]
by honduras1 | 2010-07-03 08:36 | 徒然日記